過活動性膀胱の症状

過活動性膀胱は、
膀胱に尿がそれほどたまってもいないのに尿を出したい…、というおもになってしまうことです。
反射的に尿意を感じ、膀胱が収縮してしまうのです。

過活動性膀胱は、高齢になればなるほど、なりやすくなります。
過活動性膀胱の原因の多くは、加齢によるものといえるでしょう。

過活動性膀胱になってしまうと、
尿意切迫感や切迫性尿失禁という症状を引き起こしてしまいます。

一つ目の尿意切迫感というのは、
突然尿意を感じ、トイレへ行きたくなって我慢できなくなってしまうことです。

二つ目の切迫性尿失禁というのは、
尿意をどうしても我慢することが出来ずに、
トイレへ行く前に尿が出てしまうことです。

過活動性膀胱は、頻尿が原因であることが多いです。
しかし他の疾患が原因となって、
尿意切迫感や切迫性尿失禁の症状が現れることがあります。

そのためまずは病院へ行って調べてもらいましょう。
膀胱炎や膀胱がんが原因となっていることもあります。

ノコギリヤシサプリの比較ならこちらのサイトが参考になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です